Vlogを始める前によくある5個の不安【モチベーション編】

Vlogでの情報発信を全人類におすすめしている「vlogworks」ですが、当然色んな不安や疑問があるはずです。今回はよくある5個の質問に目を通して頂き、今すぐvlogを始めていきましょう。明日やろうはばかやろうだ。

1.興味はあるけどクオリティが心配

クオリティなんてものはあとからついてくるものです。とにかくトライ&トライで2年後にあの頃はひどかったなあと回顧するぐらいがちょうどいいです。また、vlogに名前を付けていなかったり、撮る前に緊張をしていても大丈夫です。「新規投稿」ボタンをクリックしたら、あとは走り抜けるだけ。1本目はvlogを始めた理由を話してみてください。

2.どういうテイストで情報発信すればいいの?

  • 目的にも寄りますが、影響力を持った情報発信とは、あなたのvlogを読者が観るべき理由を追求することです。「癒し」なのか「学び」なのか「エンタメ」なのか「コンプレックスの共感」なのか、人間の心理はある程度区分けされてるので、慣れてきたら戦略的に情報発信をすればいいと思います。こうした整理を習慣にすることで、自分のvlog についてや、方向性のアイデアを明確にできます。

3.動画の長さは?

動画の長さは、短くても長くても構いません。自分の生活を簡単に紹介したり、vlogの方向性や意気込みを喋ってください。そこに付随する全てのものがコンテンツです。

4.ただの日記が価値になるとは思えない

仰る通りです。ですが、人類は我々が思っているよら暇です。犬と赤ん坊の絡みに想いを馳せ、人の不倫話に憤慨し、大食い動画をただひたすらに眺める生活が普通です。気負わずにあなたの日常を発信すれば必ず楽しんでくれる人が現れます。

5.成果がでるかわからない

必ず成果をあげるつもりで、黙って30本、50本と継続していきましょう。成功の最強の秘訣は継続です。スタートは笑われますが、3年スパンで見れば余裕です。勝てます。今日が人生で最も若い日です。

まとめ

とは言え、これらの不安はあって然るべきものです。vlogのすばらしい点の1つは、私たちが学び、成長し、相互に影響を与え合うにつれ、vlogも進化していくという点です。ただし、自分がvlogを始めたきっかけを理解し、ゴールを明確にしておくを忘れないでください。

何から取りかかるべきか分からない場合、最初に頭に浮かんだことを話せば、それで十分です。編集の心配は後回しでOK。

公開の準備ができたら、ブログで主に扱っている内容 (執筆、写真、フィクション、子育て、食べ物、車、映画、スポーツなど何でも) を説明したタグを3~5個、投稿に付けてください。こうしたタグのおかげで、あなたのトピックに関心を持った人たちが Reader であなたのvlogを見つけられるようになります。

コメントを残す