Youtubeにクリエイティブは求められてない

こんにちは、vlogworksです。

vlogworksではマネタイズのための、YouTube運用を推奨しています。

YouTubeにクリエイティブはいらない

本日のタイトルはクリエイターの方達に怒られるかもしれませんが、カッコ良すぎる映像はYouTubeに必要ないと考えています。No creativeで結構。

プロモーション動画やブランディング動画など、世界観が重要視されるケースは、とことんクリエイティブにこだわるべきですが、ファンを作り、マネタイズしていくという観点で、高等な編集技術を身につけることはそこまで重要ではありません。

YouTubeで人気なコンテンツやジャンルには一定の法則がありますが、日常をブログのように切り取り映像化するvlogが流行ってるのは、より等身大の生感のあるコンテンツが重宝されている傾向があるからに他なりません。作り込んだ映像よりも生活者に寄り添い、手の届く存在であり続けることが、重要なのです。

オンラインサロンもいらない

昨今は、有名な映像クリエイターたちがオンラインサロンなるものを乱立し、編集スキルや考え方をそこでシェアしていたりいます。コミュニティに所属するという点では無価値とはいえませんが、そこでスキルを磨こうと思ってる方は入会を考え直した方がいいと思います。

必要最低限の編集スキルはGoogleやYouTubeのチュートリアルを見てれば身につくので、あとは実践、失敗、その繰り返しのなかで身につけていけばいいのです。

結局YouTubeに必要なのは?

全てのことに言えますが、YouTubeに必要なのは視聴者目線です。そのことだけを考えて運用すれば、コンテンツの質は自ずとあがってきます。「聞きとりやすいテンポはなにか」「見やすいテロップなにか」「視聴者はなにに悩み何を解決したいのか」。そのことだけに集中すればいいのです。そこにかっこいいエフェクトは必要ありません。

Google検索であらゆるものを調べる時代ですが、今二番目に検索されてるプラットフォームはYouTubeです。

Googleのアルゴリズムのアップデートで、多くのWEBメディアが検索順位の変動に怯えています。それと同じことがYouTubeでもいずれ起こってきます。小手先のコンテンツやテクニックは淘汰され、価値のある情報のみが残っていく時代が到来します。

逆に言えばそのことさえ頭に入れ、ブレずに運用を続ければ、YouTubeやGoogleは味方してくれます。YouTubeで勝つ方法は消費者目線につきます。no creativeで視聴者に目を向けて行こう。

コメントを残す