YouTubeの投稿時間は21時-24時がゴールデンタイム

こんにちは。 vlogworksです。

最初に

メディア作りの基本は、最初の30本をいかに集中してコンテンツ制作できるかに尽きると思っています。このvlogworksでも、最初の30本は重要です。今日から毎日Youtube、vlog運用のTIPSを投稿していくので、是非チェック頂ければと思います。

YouTubeの投稿時間は結局何時が正解か

今日のテーマはYouTubeの投稿時間です。

ターゲットとデータから逆算

どんなチャンネル、メディアにも視聴ターゲットがいると思います。僕たちが実験的に運用しているYouTubeアカウントでは、20代-40代のビジネスマン男性をターゲットにしています。そうなると日頃は働いてるケースが多いため、夜の寝る前21時-24時にYouTubeを観ている画が想定できます。データから答え合わせをします。

この図は、時間毎にどれだけの人に観てもらえてるかという図ですが、一定の周期があることがわかるかと思います。現時点ではそこまで大きな差はありませんが、データから逆算すると21時-24時に視聴が集まるため、その前の20時頃には動画をアップしておくこと望ましいことがわかります。

投稿時間を考える意味

ネットに動画がアップされている以上、何時に投稿しようが一緒のことだろ。という意見もありそうですが、YouTubeのブラウジング機能を活かすには、動画投稿後どれだけの人に観られてるかという初速を意識する重要性があります。初速というのは基本的に動画投稿後1時間-2時間です。

これが実際にYouTube上でどれだけの影響があるかは分かりません。ですが最初の1-2時間で多く視聴された動画は、結果として数万回再生されるケースが多いです。

YouTubeの初心者の多くが挫折する理由の多くはこういった細かなTIPSを無視しているためです。

やらないよりやったほうがいい程度ではありますが、vlogworksでは感覚に頼らず戦略的にYouTubeを運用して、どうせならマネタイズしようという発想で記事を書いています。是非参考にしていただけると嬉しいです。

おわりに

今、我々が培った知識をベースに、youtubeで実験アカウントを立て運用しています。ほぼ想定通りに運用できてますが、新たな気づきや学びが当然あります。皆様に定期的にシェアしていきますので、質問等あればお気軽に。

コメントを残す